ノンマッチングメッシュテクノロジーの採用による冷却システムモデル構築の高速化

インサート成形は高性能で広く使用されている成形技術です。インサート成形のシミュレーションについて、Moldex3Dのプルプロセスではユーザーに適切なメッシュを自動生成するための強力な機能を提供しています。上級ユーザーは非常に詳細な解析結果を必要とするため、完全なメッシュ構築が求められますが、すべての部品間でマッチングソリッドメッシュを構築するには、通常経験豊富なユーザーでも多くの時間をかけてメッシュの生成を行う必要があります。

Moldex3Dはすでにこの問題を克服しており、Moldex3Dノンマッチングメッシュテクノロジーでは、プラスチック部品、インサート部品[PTSGI1] と冷却システム(金型と冷却回路を含む)間のノンマッチングメッシュの生成をカバーする完全な金型解析をサポートしています。ユーザーはメッシュの生成に要する時間を大幅に削減するとともに、信頼性の高い結果を得ることができます。以下のステップで、冷却システムのノンマッチングメッシュの生成方法とその解析パフォーマンスについて説明します。

ステップ1 DesignerBLM/ Studioを開き、ノンマッチングメッシュを許可するにチェックがついていることを確認します。


Designer/Studioのインターフェースでノンマッチングメッシュの生成が許可されています

ステップ2 通常のプリプロセスに従って、モデルのインポート、ランナーシステムの設定、冷却システムの設定を行います。

注意:ノンマッチング冷却システムメッシュを生成するために、最初に金型の設定を行う必要があります。


マルチコンポーネント成形(MCM)モデルを備えた冷却システム

ステップ3 BLM生成ウィザードで生成をクリックするとメッシュの自動生成が開始されます。メッシュの生成が完了すると、すべての項目にチェックがつきます。

注意:ノンマッチング金型メッシュの生成に失敗すると、金型の項目の後方にAuto-gridの文字が表示され、Auto-grid (fast cool)形式で出力されます。

ステップ4 下図に示すように、プラスチック部品(薄紫色)とインサート部品(赤色)の接合位置に対応する金型(緑色)のすべてのメッシュノードが接合するわけではなく、これが金型のノンマッチングメッシュとなります。続いてモデルを流動解析に使用することができ、その結果は異なる部品間とその周辺の連続的な温度分布を完全に示しています。


ノンマッチングメッシュモデルのメッシュ断面図と温度解析結果

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team