業界概要

プラスチック材料は私たちの日常生活において、各種合成、半合成製品として形を変え幅広く用いられています。これらの製品には一般電子機器、家庭用品、玩具、各種パッケージ、パーソナルケア用品、自動車部品などがあります。プラスチックは低コスト、製造が容易で、原料が豊富なことから、従来の金属、ガラス、木材、紙などの代替材料として多く使用されています。けれども、プラスチックの用途が多様化するのに伴い、加工の複雑さと多様性が増しており、材料メーカーは市場が求める製品性能に応えるため、そのプロセスを最適化し続ける必要があります。

Moldex3Dは材料メーカーをサポートします

材料メーカーは、常に最先端技術を開発し、急速に変化する市場のニーズに合わせて現行のテクノロジーを修正していく必要があります。また、製造業者に対してこれらの新素材を販売する前に、材料が成形後の厳正な成形条件をクリアするだけでなく、耐衝撃性、耐久性、薬剤耐性などの性能を備えていることを保証しなければなりません。そのため、材料メーカーには、下流工程の顧客に対してより良いサービスを提供するために、実際のプロセスにおける新素材の挙動や効果を研究し、競争力を維持することが求められます。Moldex3Dのリアル3Dシミュレーションテクノロジーを用いたソリューションでは、複雑なプロセスにおける様々な挙動の検証と評価を材料メーカーに提供しています。また、Moldex3Dの高度なシミュレーション技術を提供し、材料配合変更時の成形と材料特性の各種変化のシミュレーションを行います。そのほか、Moldex3Dの材料研究センターでは、成形プロセスにおける材料計算や材料メーカーなどの顧客に与える影響についてのあらゆるニーズを理解し、包括的な材料測定とサービスを提供しています。

Moldex3Dは重大な問題を解決する

熱可塑性材料

  • 課題と解決策
    • ポリマー分子量はプラスチック材料の機械特性を制御する主な要因であり、比較的大きな分子量によって多くの量子結合が発生し、材料の機械特性が向上します。その後、粘性が高まることで金型内への充填がさらに困難になり、成形段階におけるプラスチック材料の加工性能へも影響し、プラスチック材料の機械特性があるしきい値を超えた段階で安定状態となります。そのために未加工のポリマー分子量の範囲を見つけることが重要なカギとなります。Moldex3Dは精確な材料データにより、プラスチック材料の成形プロセスにおける挙動の確認、及びその配合の最適化で材料メーカーをサポートします。また、可塑剤、難燃剤、熱安定剤、光安定剤、促進剤などの添加剤も成形や最終的な製品性能に影響を与え、着色剤はプラスチック材料の成形やフローの極大化に影響します(例:タイガーストライプ・フローマーク)。新しいMoldex3Dのシミュレーションでは、リアルタイム解析と材料メーカーへのフィードバック機能により、材料配合の最適化を行い大きな成果を生み出します。

熱硬化性材料

  • 課題と解決策
    • 熱硬化性材料と熱可塑性材料の最大の違いは加熱時の硬化現象にあり、熱硬化性材料は加熱後再加工することができません。また、成形途中のメルトフローも随時変化します。材料メーカーは設計の最適化、及び加工性能と製品サイクルに大きな影響を与える粘性と硬化との最適なバランスポイントの特定を常に模索しています。Moldex3Dはプラスチック材料のフロー挙動の解析(粘性の変化と硬化時間を含む)により、熱硬化性材料の配合の最適化とコスト削減のより効果的なソリューションを材料メーカーに提供することができます。また、材料の特性から硬化によって引き起こされる体積収縮を定量化するほかに、化学製剤の変化、シミュレーション、製品設計、各種成形条件にもこのテクノロジーを利用することができます。

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team