業界の課題

今日の光学業界では、市場投入までの時間の短縮といったプレッシャー以外にも、寸法安定性や複屈折といった重大な問題に直面しています。好ましい代替材料としてプラスチックを選択する企業が増えるにしたがって、競争の激しいこの業界を生き残る上で、プラスチック射出成形プロセスを最適化する能力を有することが有利となってきます。


Thermally induced fringed order and pattern

Moldex3Dのソリューションとメリット

Moldex3D ソリューションは、光学メーカーやデザインエンジニアに3Dテクノロジーに基づく解析結果を提供し、複雑なデザインを検証することを可能にさせます。Moldex3D を使用して射出成形プロセス全体を可視化することにより、光学デザイナーやメーカーは、発生する可能性のある問題を早期に発見することができるようになります。従って、Moldex3D は、適切な対策を立てる上で強力で効果的なツールであると言うことができます。その上、部品や金型のデザインやプロセスの条件を最適化して、光学部品の品質を改善する上でも役立ちます。また、Moldex3D Optics モジュールは、光学解析の歪形状や屈折係数データを CodeV にエクスポートすることができます。こうした統合により、デザイナーは自分のデザインを確認したり変更することができるようになります。他方では、Moldex3D Optics は、従来と異なる射出プロセスにも拡張できます。この機能は、射出圧縮成形(ICM)やマルチコンポーネント射出成形プロセス(MCM)を利用した光学部品への広範な応用例を提供します。

Moldex3Dは重大な問題を解決する

光学部品

  • 課題
  • 解決策
    • 残留応力による、各種光学レンズの複屈折の問題。
    • 導光板や光ディスクなどで発生する寸法管理とそりの問題。
    • Moldex3D Advanced Packageは、寸法のばらつきやそりの主な原因を解析し、部品や金型のデザインを変更したりプロセスパラメータを最適化する上での指針を与える。
    • Moldex3D 粘弾性モジュールを適用すると、各製造段階における流れによる残留応力を追跡して、プロセス条件を変更することができる。
    • Moldex3D 光学モジュールを適用すると、熱および流動起因残留応力によって生ずる光弾性縞図を調査し、複屈折の根本原因を発見することができる。
    • Moldex3D ICMモジュールを応用すると、射出圧縮成形プロセスを使用した光学部品の光学特性を精査して、デザインや圧縮パラメータを最適化することができる。

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team