業界の課題

今日の自動車業界は、市場までの投入時間の短縮だけでなく、燃費や材料の節約といった複雑な設計上の難問に直面しています。 代替材質としてのプラスチックの比重が大きくなるにつれて、射出成形を最適化することは、自動車メーカーの競争力を維持する上で非常に重要です。

Moldex3Dのソリューションとメリット

Moldex3Dは、自動車メーカーやデザインエンジニアが、3Dテクノロジーに基づいて複雑な自動車用部品や金型をシミュレートして検証するよう設計されています。 Moldex3Dを使用すると、自動車デザイナーやメーカーは、アイデアの段階から設計や製造まで、製品のライフサイクルを一貫して管理することが可能となります。 これによって、部品のデザイナーやサプライヤーは、初期段階で発生しやすい問題を回避しやすくなります。 さらに、自動車部品の射出成形全体を可視化することにより、効率よく解決策を見出すことができるようになります。 その上、Moldex3D FEA インターフェースを通じて、各種構造解析パッケージで、繊維配向や残留応力など、プロセスに起因する可能性のある変動事項を解析することもできます。

Moldex3Dは重大な問題を解決する

外装/内装

  • 課題
  • 解決策
    • 多点ゲート射出成形工程によるウェルドラインの形成や気泡混入は、バンパーやインストルメントパネル用製品の外観上の問題である。
    • 収縮やそりの問題を解決する。機械的性能を検証する。生産性を改善する。
    • ウェルドラインや気泡混入の挙動を検出し、ゲートの個数や位置を最適化する。
    • プロセスに起因する応力や材質の異方性を考慮して設計を検証する。
    • 収縮やそりの主な原因を調査し、部品や金型の設計を改善して製造条件を最適化する方法を提供する。

エンジンルームへの応用

  • 課題
  • 解決策
    • エアインテークマニホールド、エンジンカバー、フロントエンドモジュール、ロッカーカバー、ラジエーターエンドタンク、オイルパンモジュール等のエンジンルーム内部品は、通常、工業用プラスチックを充填したグラスファイバーで成形されている。 寸法公差が重要な因子である。
    • こうした肉厚/キャビティ部品の製造にはガスアシスト/水アシスト射出成形が利用されているが、プロセスのばらつきは簡単に制御できない。
    • Moldex3Dによってメルトの成形履歴や繊維配向が可視化されるので、形状歪を検証して寸法精度を改善することができる。
    • Moldex3D FEA インターフェースを通じて、各種構造解析パッケージで、繊維配向や残留応力など、プロセスに起因する可能性のある変動事項を解析することもできる。
    • Moldex3D GAIM(ガスアシスト射出成形モジュール)やWAIM(水アシスト射出成形モジュール)を使用して、キャビティ部品を予測し、ガス圧や水圧、遅延時間、ガス・水とメルトとの相互作用など、各種のパラメータを検証することができる。 GAIMやWAIMのブラックボックスを解消する。

照明関連の応用例

  • 課題
  • 解決策
    • ヘッドライトカバーは、ウェルドラインを形成させずに、高い寸法精度や透明度で作成する必要がある。
    • ランプの反射板は熱硬化性樹脂で成形されるが、その変形を予測することは困難である。
    • テールライトやブレーキライトは、装飾的・外観的効果を達成すべく、色の異なる成分を使用して多数回射出で成形されることが多い。
    • メルトフロントの進行を可視化し、熱可塑性および熱硬化性材料の変形を検証することができる。
    • 金型の温度均一性を高め、熱可塑性材料の冷却管レイアウトや熱硬化性材料のヒーターレイアウトを最適化する。
    • カラーシフトを最小限に抑えるべく、2ショット目の射出材料の充填プロセス中に、最初の射出材料の温度変化を予測する。

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team