なぜ応力解析を使用するのでしょう?

応力解析は主に部品とインサート部品内部の応力分布を観察するために使用されます。応力分布は部品の質量と構造強度に大きく影響し、温度、力、部品の形状、サイズ、材料特性などの問題の発生要因となります。応力が安全率を超えると、構造物の破損や部品の破断が生じることがあります。このため、あらかじめ的確な応力解析結果を得て、疲労による破損の減少と製品ライフサイクルを延長することが、設計者にとって非常に重要な意味を持ちます。

課題

  • 部品/インサート部品の応力とその位置分布の可視化
  • 外部負荷条件下での塑性変形の評価
  • ウェルドライン部分の機械強度の評価
  • 繊維配向効果の考察による構造弱点の評価

Moldex3Dのソリューション

  • 潜在的な変形の問題を予測し、材料の特性と成形条件を評価

Stress001

 

  • ウェルドライン効果の考察し、強度減衰部分をより精確に予測

    Stress002

    Z-位置アウトラインで見られる重大なネッキング

 

  • 部品収縮と強度の影響に対する繊維配向効果を考察

Stress003
(a) 青い円:ランダム繊維配向分布 (b) 赤い円:高度繊維配向分布
  • MCMコアシフト挙動の考察とICパッケージングにおけるワイヤースイープ挙動について、精確なTwo-way流体-構造連成 (FSI)解析により、不均一なフロー圧力によって生じるインサート部品の変位を予測
Stress005 Stress007
コアシフト解析
ワイヤースイープ解析

業界への応用

電子、自動車、医療、消費者向け製品、ICパッケージング

Moldex3Dの推奨製品

  • Moldex3D eDesign Package
  • Moldex3D Professional Package
  • Moldex3D Advanced Package

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team