なぜ樹脂トランスファー成形(RTM)シミュレーションを使用するのでしょう?

樹脂トランスファー成形(RTM)は複合材料による液体成形プロセスのひとつで、高強度を必要とする製品の生産に適しており、従来の方法と比べて製造時間を短縮することができます。この技術はすでに多くの分野で利用されており、複合材料の量産において非常に高いポテンシャルを秘めた製造プロセスだと言えます。


Resin Transfer Molding (RTM)001

板厚方向における異方性のある透過性の流動上の差異

課題

  • 繊維布の板厚方向の透過性の評価、異なるフロー効果の検知
  • 圧力、フローレートコントロール、複数入口の開閉コントロールなどによる樹脂注入パラメータの最適化
  • 異なる排気領域のフロー方向全体に与える影響の予測

Moldex3Dのソリューション

  • 非恒温3D解析ツールにより、様々なプロセス要件に利用可能
  • フロー挙動の精確な可視化
  • 繊維布の特性(複雑な積層)と曲面解析への適用が可能
  • 熱硬化性樹脂の硬化反応の予測
  • 圧力/フローレートコントロール、複数入口の開閉コントロールのサポート
  • 繊維布の種類と方向性の変更による影響の評価
  • 透過性(permeability)の測定をサポート

Resin Transfer Molding (RTM)002

業界への応用

エネルギー産業、航空・宇宙、自動車、電子、造船、消費者向け製品

Moldex3Dの推奨製品

Moldex3D Advanced Package

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team