PU Chemical Foaming001

なぜPU化学発泡成形解析を使用するのでしょう?

化学発泡成形は、キャビティ内の溶融材料を化学反応により発泡性ガスで膨張させ、充填する成形方法です。ポリウレタン(PU)発泡成形は、化学発泡成形の中では最も一般的な成形方法と言えます。PU発泡製品には硬質発泡とフレキシブル発泡の2種類があり、硬質発泡製品は変形すると元の状態には戻りませんが、フレキシブル発泡製品は変形しても元の状態に戻るという特徴があります。また、ポリウレタン発泡製品は、製品の軽量化、材料コストの削減、使用の際の快適性向上、耐腐食性、断熱と吸音効果などに優れています。

課題

  • プロセス制御が困難(熱解析の不安定性により制御が困難)
  • 発泡プロセスが不明(温度と圧力変化の不安定性)
  • CAE技術の信頼性

Moldex3Dのソリューション

  • 発泡力学を用いた異なる製品における化学発泡プロセスの解析
  • 成形プロセスにおける充填挙動のシミュレーションと最終的製品重量の予測
  • 重力とベンド位置解析によるゲート位置の最適化

PU Chemical Foaming002

  • 発泡の影響による密度変化の可視化
  • 発泡反応転化率と溶融材転化率の影響を評価
PU Chemical Foaming003発泡反応転化率 PU Chemical Foaming004溶融材転化率
   

業界への応用

自動車(インパネ、ハンドル、シート)、冷凍冷蔵(冷蔵庫断熱材、断熱層)、製靴(ソール)、医療

Moldex3Dの推奨製品

  • Moldex3D Professional Package
  • Moldex3D Advanced Package

 

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team