なぜマイクロメカニクスインターフェースモジュールを選ぶのでしょう?

マイクロメカニクスインターフェースモジュール(Micromechanics Interface, MMI)は、材料特性を出力するMoldex3Dのモジュールの1つです。マルチスケール材料の特性をDigimatやConverseに出力し、有限要素法による解析を行います。Moldex3Dによる複合材料のシミュレーション解析を完了後、MMIモジュールを使用してより的確かつ効果的に複雑な非線形マルチスケール有限要素構造解析を行うことができます。このほかに、マルチスケールモデルでは、さらに多くの材料特性を考察することができます。

  • 微細構造の異方性に対応
  • 微細構造の不均一性に対応
  • 非線形、弾塑性
  • 疲労
  • 破損
  • ひずみ速度の相関関係、粘弾性

MMI001

課題

  • 成形プロセスで発生するウェルドライン、繊維配向、残留応力などの材料特性の取得
  • 部品の材料特性の変化をFEAへの移行
  • MuCell®のような高度な成形プロセス技術の評価と部品構造性能へ与える影響

Moldex3Dのソリューション

  • FEAソフトの使用前に、直接DigimatとConverseによる解析の出力項目を選択
  • ANSYS、ABAQUS、MSC-Nastran、Marc、LS-DYNA、Radiossの連続構造解析をサポート
  • 成形プロセスにおいて発生する変化に対応する出力項目:
  • 繊維配向
  • ウェルドライン部分のデータ
  • 残留応力
  • Digimat-MAPの残留応力データのマッピングと機械シミュレーションのビューの入力
  • EOPとEOCの温度分布
  • 部品とインサート部品
  • Digimatのそり変形解析で使用する冷却工程前後の温度

MMI002

業界への応用

エネルギー、航空・宇宙、自動車、電子、船舶、消費者向け製品

Moldex3Dの推奨製品

  • Moldex3D eDesign Package
  • Moldex3D Professional Package
  • Moldex3D Advanced Package

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team