Moldex3Dの解析能力

  • 設計と製造プロセスの最適化を提供
  • 設計を改善し、製品の効能と品質を向上
  • 時間と製造コストの節約
  • 製品量産時の品質と効率を向上

産業界での応用

電子、光学、自動車、医療、消費者向け製品、IC封止成形産業

DOEによる実験設計の最適化

射出成形は製品設計、金型設計、材料の流動性と加工成形条件などを結合した、複雑な製造プロセスです。各要因の変更はプラスチックの射出成形に大きな影響を与えます。各種の成形要因は相互に複雑に作用するから、従来のトライ&エラーによって、射出過程を予測とコントロールすることは低効率に、高いコストになってしまいました。しかしMoldex3Dプロモジュールの実験計画法DOEを使ったら、設計者は最適化の成形条件とプロセスの獲得が可能となります。

 

より多くのMoldex3Dプロの解析モジュールの機能と特色

  • 設計の最適化
    – ゲートを最適化の位置にする
    – ランナーを最適化のサイズにする

Expert01

多ゲート位置設計

Expert02

最適化の流動経過
  • 成形条件の最適化
    – 最適化の成形温度と時間
    – 最適化のメルトフローレート設定
    – 最適化の保圧圧力設定
    – 自動成形条件のアドバイス 
Expert03 Expert05
(a) 原始設計結果 (b) 最適化の設計結果
 総変位解析結果 (最適化の成形温度と時間)

 

  • DOE実験計画法設計の最適化
    – 熱可塑性と熱硬化性材料のサポート
    – 使用権の再設定により、複数の品質要素のDOE解析が可能
    – 各項目品質要素の最適化成形条件の評価

Expert0

 

 

 

 

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team