なぜコンフォーマル冷却回路を使用するのでしょう?

コンフォーマル冷却回路は特殊な冷却回路設計の一種で、柔軟性に富んだ複雑で幾何学的なレイアウトが可能です。射出成形における主なメリットとしては、成形サイクルタイムの短縮(20~60%)、製品サイズの精度向上、製品表面のヒケの改善などがあります。コンフォーマル冷却回路とは、金型温度の効率的な制御・管理を行うために、金型の完成品表面と一定の距離で配置された冷却・加熱回路を指します。この冷却回路設計は、従来の冷却回路では届かなかった複雑で幾何学的な形状の製品部分を効率的に冷却することができます。そのため、より優れた冷却効率、サイクルタイムの短縮、生産コストの削減が達成でき、製品の品質向上に役立つというのが、コンフォーマル冷却回路を採用する大きな理由です。

課題

  • プラスチック材料の射出成形プロセスにおいてしばしば見受けられる問題(ヒケ、そり変形、サイクルタイムの超過など)の減少。
  • 金型温度差とそり変形量を最小限に留めるための冷却回路システム設計の最適化。
  • 冷却効率の改善(ユーザーの求める製品品質を達成する)

Moldex3Dのソリューション

  • 希望する成形サイクルタイムに必要な冷却液の流量を予測。
  • 冷却回路設計において発生する可能性のある圧力損失問題を予測。
  • 冷却回路設計における渦/死水領域の回避。
  • リアル3Dメッシュテクノロジーによるバッフルと噴流冷却回路設計のシミュレーション。

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team