なぜ圧縮成形シミュレーションを使用するのでしょう?

圧縮成形とは、高温高圧の条件下であらかじめ加熱されたキャビティにプラスチック材料を圧縮注入し、硬化させる成形プロセスを言います。この製造プロセスでは大量生産が可能で、金型製作コストが低く抑えられるため、複雑な形状、強度や耐衝撃性に優れた製品に適しています。

Compression Molding001

圧縮成形は、複雑な形状の複合材料部品の製造をスピーディに行うことができます。Moldex3Dでは、圧縮成形における不連続性かつ一般的なFRP材料(熱可塑性材料GMT、LFT-G、LFT-D)と熱硬化性材料(SMC、BMC材料)をサポートしています。

シミュレーション課題

  • 適切な材料数量
  • 正確な形状成形に必要な型締め力の予測
  • 圧縮成形の品質を保証する最適な成形パラメータの提供
  • キャビティへの材料圧縮注入後の金型設計
  • 潜在的なモールドフラッシュの予測
  • 一定の製品品質での量産

Moldex3Dのソリューション

  • シングルチャージまたはマルチルチャージにより設計された充填プロセスのシミュレーション
  • 圧力分布、体積収縮率、残留応力などの分布状況の可視化
  • モールドフラッシュやバリの発生といった潜在的な成形不良の予測
  • 圧縮速度、圧縮力、金型温度などの成形条件の最適化
  • 繊維配向とワイヤースイープ解析のサポート
  • 並列計算のサポート、シミュレーションプロセスの高速化
Compression Molding002
One-Charge Design Two-Charge Design
  • 圧縮成形プロセスでの大きな変形を的確に予測するため、Moldex3DはLS-Dyna(0と更新バージョン)をサポートしています。この統合ソリューションでは、圧縮成形プロセスの初期段階で求められた初期温度をLS-DynaからMoldex3Dへシームレスに導入し、圧縮成形解析に用いることができます。主な特徴は以下の通りです。
    • EFG法による大幅な変形を考慮したLS-Dyna材料カードをサポート
    • LS-Dynaによる演算初期温度の導入をサポート
    • 初回充填の繊維配向の予測と編集

業界への応用

自動車、電子、消費者向け製品

Moldex3Dの推奨製品

Moldex3D Advanced package

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team