Co-Injection Molding01

なぜコインジェクション成形シミュレーションを使用するのでしょう?

コインジェクション成形プロセスはスキン材とコア材の構造を備え、最初にスキン材が射出され、次にコア材、最後に再びスキン材が射出されてコア材をカプセル化します。そのため、製品の外観は外側のスキン材によって自由に決定することができます。コインジェクション成形プロセスの特色としては、粉砕・再生プラスチックに幅広く使用されており、再生プラスチックを2回目の射出のコア材として使用することで、環境やコストに多大な効果をもたらします。また、このプロセスでは、コア材に耐衝撃プラスチックを使用して製品の強度や性能を向上させることができます。ホットランナーシステム、制御バルブ、2つのホッパーを必要とするコインジェクション成形装置は従来の射出成形装置よりもコストが高くなるため、機械的特性が与える影響については、スキン材とコア材との最適な比率の決定や、キャビティ内での位置分布の経時変化を効率的に追跡することが現在直面する主な課題となっています。
これらに対してMoldex3Dでは強力な成形ソリューションを提供しています。ユーザーは材料分布などのプロセスにおける重要な特性を把握することができ、プロセスの最適化と開発コストの削減といった市場競争での優位性を手にすることができます。

課題

  • 2種類の材料特性の相互作用による機械的特性の最適化
  • 最適なスキン材料とコア材料の分布比率の決定
  • ブロースルーの発生の回避、製品表面の品質の維持
  • スキン材からコア材への充填比率の最大化

Moldex3Dのソリューション

  • ブロースルー前のスキン材とコア材のフロー挙動を可視化
  • ブロースルー付近のコア材の浸透状況を予測
  • ブロースルー効果に対する厚さと成形条件を改善

Co-Injection Molding002 Co-Injection Molding003

  • スキン材とコア材間の不均一な温度と圧力の変化を考察
  • 高温、高圧下での潜在的な不良発生位置を予測
Co-Injection Molding004 Co-Injection Molding005
スキン材の充填終了
コア材の充填終了

業界への応用

3C電子、自動車、医療、消費者向け製品

Moldex3Dの推奨製品

  • Moldex3D Professional Package
  • Moldex3D Advanced Package

 

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team