on 03/06/2020

This page is available in following languages: English日本語한국어繁體中文简体中文 

 

 

 

 

Download What’s New 

 

より速く より使いやすく
 

Moldex3D 2020は、優れた機能を受け継ぎながら進化しつづけています。製品の設計および製造の現場に非常に効果的なシミュレーション結果を提供し、コスト削減および市場先行をアシストします! >>詳細を見る

より高度な機能の強化
 

繊維複合材料流動解析予測、RTM、発泡成形の新機能など、さまざまな先進的プロセスの開発およびサポートを継続的に行っています。Moldex3Dを利用することで、産業の動向により早くキャッチアップできる機会を提供します! >>詳細を見る

データドリブンの チームワーク
 

プロジェクトが増え、ワークフローがますます複雑化している時がデータ管理システムを導入するタイミングです。データ管理問題の処理、データの有効な再利用を支援します! >>詳細を見る

 

 
それぞれの見出しをクリックしてMoldex3D 2020の詳細をご覧ください!

 

より速く より使いやすく

▶ BLM/eDesignモデルの計算速度が20%以上向上▶ 射出・保圧段階における正確な三次元バレル圧縮シミュレーション▶ そり変形シミュレーション機能の強化▶ 冷却シミュレーション拡張機能の強化▶ 射出成形における特殊な流動挙動「イヤーフロー」を再現するための先進的な解析機能▶ プリポストを統合して使いやすくなったプラットフォーム”Studio”▶ 多数のメッシュツールが追加されてMoldex3Dでのメッシュ作成がよりスムーズに▶ NX/CreoとMoldex3Dシミュレーションの統合されたインターフェイスにより作業効率が向上

BLM/eDesignモデルの計算速度が20%以上向上

ソフトウェア構成の最適化により、充填、保圧、冷却解析など、各項目の計算効率が上昇し、解析時間を短縮することができました。

射出・保圧段階における正確な三次元バレル圧縮シミュレーション

材料のバレル・ノズル内部における動的な圧縮挙動のシミュレーションは、射出圧力の予測精度を向上させることができます。射出機の応答パラメータと組み合わせることで、より正確に保圧切替位置を予測できるようになりました。

 

 

そり変形シミュレーション機能の強化

インサート成形プロセスにおいて、ファーストショット変形によるセカンドショットのそり変形に対する影響を考慮することにより、より正確な解析結果を提供できるようになりました。また、型開きから製品突き出しまでの時間の影響を考慮した冷却およびそり変形の挙動を計算できます。

 

  • Insert Molding Optimization

 

  • Consider Delay Ejection in Simulation 

冷却シミュレーション拡張機能の強化

ユーザー定義の熱伝達率(HTC)機能を追加し、金型内の各成形工程における、異なるコンポーネント間の熱抵抗の影響を考慮します。

 

射出成形における特殊な流動挙動「イヤーフロー」を再現するための先進的な解析機能

伸長粘度の重要な影響を考慮することで、射出成形における流動解析の挙動を改善し、「イヤーフロー」という特殊な流動挙動を予測し評価するための指標を提供します。

 

プリポストを統合して使いやすくなったプラットフォーム”Studio”

より多くの解析モジュール(IMD、RTM、応力解析およびDOE最適化解析)に対応しました。便利な平面度の測定ツールが追加され、製品の変形結果の評価を行うことができます。

 

多数のメッシュツールが追加されてMoldex3Dでのメッシュ作成がよりスムーズに

Moldex3D 2020は、多数のメッシュツールが追加され、メッシュ作成に費やす工数を削減できます。

  • 曲面修復ツールによってジオメトリの修正を簡略化することができます。
  • ジオメトリチェックおよびメッシュチェックブラウザによって不良箇所を素早く発見できます。
  • ゲート、ランナーおよび冷却回路を含むウィザード機能が強化されました。

 

NX/CreoとMoldex3Dシミュレーションの統合されたインターフェイスにより作業効率が向上

新たに統合されたサービスにより、Moldex3DのシミュレーションとNX/CreoのCADプラットフォームを組み合わせて使用することができます。データをCADプラットフォーム上で解析してレポートを生成することができ、作業効率を大幅に向上させることができます。

 

 

Moldex3D 2020のシミュレーション能力を今すぐ体感

より高度な機能の強化

▶ 最新の繊維複合材料流動解析 ▶ RTMプロセスの機能強化▶ 発泡プロセスの機能強化

最新の繊維複合材料流動解析

最新の繊維・流動のカップリング計算により、繊維の長さおよび濃度の変動を考慮した流動解析を行うことができるようになりました。

 

RTMプロセスの機能強化

二次元織物複合材料モデルを考慮できるようになり、連続繊維複合材料製品におけるそり変形の予測能力が向上しました。

 

 

発泡プロセスの機能強化

発泡成形における、ガスの溶解および温度の影響を考慮することによる射出圧力および型締力の解析精度が向上したほか、化学発泡の引き戻しプロセスシミュレーションに対応し、新プロセスの市場ニーズへの対応を進めています。

 

 

まずは先進的なプロセスソリューションが必要

データドリブンのチームワーク

▶ iSLM新世代データ管理方式▶ システマティックなナレッジ管理(ソリューション管理)▶ 現場のテストショット情報を記録してテストショットフローのデジタル化を実現▶ 過去のデータから新製品の開発設計を導出

iSLM新世代データ管理方式

iSLMは、クラウドのデータ管理プラットフォームです。ユーザーは、ブラウザを利用するだけでシステム内の操作を行うことができます。iSLMを通じて各種製品に関連するデータを手軽に管理でき、製品や金型の設計情報、使用する材料データ特性、Moldex3Dの解析プロジェクト、現場のテストショット条件、成形状況などの情報をオンラインで管理することが可能です。Moldex3D CAEの解析結果についてもiSLM上でチェックを行うことができ、チームワーク設計のニーズを実現させ、作業フローがより一層スムーズで効率的なものとなります。

さらに、iSLMは、現場のテストショットパラメータ収集ツールも提供しており、ユーザーは、テストショット現場の成形パラメータをウェブページ画面から直接iSLMのシステムにインポートできます。テストショット終了後に自動的にテストショットレポートを作成してMoldex3Dの解析結果と比較することができ、累積データのデジカル(digital + physical)化を加速させます!

 

システマティックなナレッジ管理(ソリューション管理)

分散した情報、不完全なバックアップ、煩雑なメールのやり取り、ハードウェア資源の消費、人員の異動による情報の断絶など、業務において発生するさまざまな情報共有の問題解決を支援します。iSLMのSolution Management機能を利用して、データをシステマティックに管理できます。

  • 権限設定機能によってデータを階層別に保護することができる一方、複数のチームでの情報へのアクセスが可能。
  • システマティックなMoldex3Dプロジェクトの保存により、作業内容の公開性および透明性を保つことができます。
  • 現場のテストショットと樹脂流動解析結果を比較し、デジカル(digital + physical)を実現します。
  • ドキュメントマネージャにより、オンラインでファイルの保存およびDFMの記録を行います。

 

現場のテストショット情報を記録してテストショットフローのデジタル化を実現

現場のテストショットデータを記録し、紙ベースのやり取り、手書き情報の認識などの作業を削減してテストショットフローのデジタル化を実現します。

  • テストショット情報をオンラインで記録します。
  • iSLMのSolution Management機能内で作成されたCAEプロジェクトとテストショット情報とを照合させ、CAEパラメータのヒントを入手します。
  • テンプレートのカスタマイズ機能により、各ユーザーの様式に見合うテストショットレポートを作成することができます。

 

過去のデータから新製品の開発設計を導出

iSLMのKnowledge Managementは、ユーザー定義の分類やフィルタを通じて素早く選別・比較を行い、その中から製品開発、成形問題解決などの重要な知見を得る手がかりを提供します。

  • 業種、製品、モデルの3つの主要なフィルタを設けてより効率良くデータ検索を行えます。
  • 拡張フィルタ機能により、範囲を絞って素早くプロジェクト情報を見つけることができます。
  • 一度に複数のプロジェクトデータの比較を行い、製品および金型の開発・設計のための知見が得られます。
  • 現場のテストショット情報とMoldex3Dのプロジェクトの比較を行うことにより、より総合的な判断を下す手助けとなります。

 

 

iSLMのデータ管理を体験

ISO 17025認証を取得したMaterial Laboratoryが正確な材料データを提供

ISO 17025認証を取得したMaterial Laboratoryは、世界中のお客様に正確な材料データを提供するとともに、専用の材料バンクを作成し、CAE解析の正確性を向上させています。毎年、粘度、PVTなどの材料特性を更新して材料データベースを拡充し続け、数多くの材料挙動を把握し、優れた測定サービスおよび豊富な材料データベースの提供に努めています。

材料パラメータは、様々な材料特性を示しており、CAEシミュレーション結果に影響を及ぼします。粘度は流動に、PVTは冷却やそり変形に、熱伝達率および比熱は材料温度分布にそれぞれ影響を及ぼし、機械特性はそり変形と関係しています。最も高精度な材料データを集めるためには、各材料の測定や分析を行うための膨大な数の実験が必要です。

 

What’s Newをダウンロードして新機能の詳細を確認

今すぐMoldex3D 2020を体験する

 
 
 

お探しのソリューションはMoldex3D 2020にあります。連絡先を入力し、Moldex3D 2020の体験およびWhat’s Newのダウンロードを行ってください。

    お問い合わせ内容 *
    お名前(名) *
    お名前(姓) *
    会社名 *
    お役職 *
    Email *
    所属先 TEL *
    都道府県 *
    国名 *
    Current Customer *
    I’d like to know more about
    General Injection MoldingiSLMStudioDOE in StudioAdvanced FeaturesAll of the above
    メッセージ

     


    Test drive Moldex3D

    Join the thousands of companies using Moldex3D

    Talk to Sales

    Schedule a product demo with our sales team