Temporarily out of stock. Notify me when in stock.

歪検査器 製品のベストキーパー

残留応力はプラスチック部品のサイズ精度や複数材料の組み立て要件に影響するほか、環境の変化による潜在的な応力破壊、クリープ損傷、疲労損傷などの問題も発生しやすくなります。さらに、残留応力は光学特性を変化させ、その後の加工(例:コーティング、メッキなど)プロセスに深刻な影響を与えます。

現在、コアテックシステム社が特許を取得した透過式歪検査器は、プラスチック部品内部の残留応力をすばやく簡単に測定することができます。さらに応力分布とその原因への理解を深めることで、最適なソリューションを早期に見つけ出し、製品設計の最適化を行います。この透過式歪検査器は、非破壊定性観察方法の一種であるプラスチックの応力作用下における光弾性を利用し、材料の複屈折率の変化を観察します。透明プラスチック部品や試験片を2枚の偏光プラスチック板の間に配置するだけで、プラスチックの複屈折現象と光弾性により、白色光源が偏光板を透過した後、カラーの明暗ストライプパターンが描き出されます。描き出されるストライプパターンと色から、プラスチック部品内部の残留応力の大きさを観察することができます。

 

ストライプパターンの密度が高くなっている部分は、プラスチック部品の残留応力が比較的高いことを示しています。

  • 非破壞性透過式偏光技術

  • プラスチック製品の残留応力分布を直接観察

  • バックライトモジュールにより様々な透明プラスチック部品に対応

  • ポータブルデザイン、軽量、持ち運びに便利

 

歪検査器仕様

  • 電圧:110 V~220 V
  • サイズ:410(L) x 280(W) x60(H)mm
  • 重量:3kg(本体重量)

 

歪検査器はコアテックシステム社の中華民国特許取得(新型第M258283号)専門観察機器です。

 

データソース:プラスチックの残留応力の問題解析と簡易検査への応用

(コアテックシステム社劉文斌、蔡銘宏、清華大学張榮語教授)


Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team