粉末成形と材料特性

粉末成形における第一番目の問題は、原料(材料)の選択と準備です。 脱脂工程の前に製品品質を確かなものにするため、原料の特性を調べることは射出成形工程制御の上で非常に重要です。例えば適切なゲート位置は、反り変形やクラックなどの欠陥を回避します。このような欠陥はバランスの悪いフローパターンや悪い温度制御によって引き起こされ、結果的にgreen partsの不均衡な分配になるからです。 Moldex3D Material Lab は原料の低せん断率降伏応力におけるレオロジー特性を提供し(図1)、ユーザーは設計段階で材料の選択を評価し、成形時に工程を制御できます。 Moldex3D PIM ソリューションは適切な原料の選択と、green parts の最適化のためのかけ橋となります。

Moldex3D PIM モジュールは従来の射出成形(CIM) モジュールと似ていて、ユーザーフレンドリーなウィザードです。PIMは射出成形解析と同じように直感的なワークフローです。充填時にユーザーは原料密度分布と粉末分布の両方を評価できます(図2、3)。 これにより、green parts の潜在的な表面/内面の欠陥を発見し、品質の最適化を行うことができます。

The shear rate is negatively dependent on the shear viscosity of feed stockFig. 1 せん断率は原料のせん断粘性と反対の傾向を示します
Density distribution of green partFig. 2 green part (粉末とバインダーを含む)の密度分布
Powder fraction of green part before debindingFig. 3 green partの粉末濃度(Powder fraction)の分布 (脱脂前)

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team