超精密射出成形むけ高精度シミュレーション技術

射出成形業界は常に発展、変化をしています。それにより従来の射出成形を行っている企業は、コスト競争力、サイクルタイム削減、製品精度向上、外観品質などといった多くの課題に直面しています。より薄く、より小さいものを求める3C製品の設計傾向により、このような課題はさらに深刻化しています。

超精密射出成形技術を実現するため、我々は金型設計、プロセス制御、材料特性について完全に理解しなければなりませんでした。保圧効果が充填時および保圧時の圧力に大きく依存することはよく知られています。充填圧力はメルトを押し出す力です。粘性の高い材料には高い圧力が必要です。しかし粘性はいくつかの複雑な要因(せん断率、温度、圧力)の影響を受けます。レオロジー実験のほとんどでは、流体は通常範囲内の圧力下で圧縮されるため、圧力効果は無視できます。しかし射出成形工程ではせん断率と射出圧力は、通常の材料テスト範囲を超過します。従って粘性の圧力依存について理解する必要があります。実験でポリスチレン(PS)のせん断粘性は、190℃の温度で圧力が0から124 MPaになると、135倍に増大することが判明しました。圧力下での材料粘性の適切な測定を行わないで、充填圧力を予測することは不可能です。

Moldex3D には専門的な材料測定研究室があります。これは、超精密成形の高精度シミュレーションを行うための、ユーザー独自の材料データベースを構築するのに役立っています。プラスチック光学産業では、寸法安定性が製品アセンブリ実現の成功の鍵と言えます。Moldex3D は金型設計、製品設計、成形条件、材料特性を統合するのに役立ちます。Moldex3Dを利用すれば、精度向上のために成形工程を最適化することが可能です。例えばレンズバレル(下図参照)は光学部品であり、真円度が均一でなければなりません。Moldex3Dはトラブルシューティングの効率的な蓄積により、企業が製品開発のノウハウを獲得することを助けます。 またユーザーの組織内に優れた技術チームを作ることをお手伝いします。


Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team