Moldex3D CAEシミュレーションで自動車製造業界の競争力持続をサポート

自動車製造業界で確実に競争力を持続することは、業界の技術革新を推進する上で一番大切なことです。 製造業界ならびにサプライヤーは、ますます厳しくなる燃費制約に対して常に競争しています。 最近の技術革新は、電気自動車ですが、最近多発している一連の電気自動車火災では、バッテリーパックデザインの安全性や品質への懸念が高まっています。 この重要性を考慮し、Moldex3Dは製造時の不必要な反りを排除する為、主要な自動車メーカーと提携しました。デザイン例として、冷却剤がバッテリーの周りのプラスチックフィンのチャネルを流れるものもあります。 電池パックの許容要件を満たすことがロバスト性を確実向上させます。 さらに、Moldex3Dの粘弾性解析機能は、初期残留応力とその低下の様子を最初から最後まで予測でき、部品設計者がPLMの全ての段階で部品品質を確認できる貴重なツールとなっています。

cae-simulation-technology-drives-opportunities-for-sustainable-automotive-manufacturing-1

この部品信頼性予測機能は、自動車製造業界向けにご紹介するMoldex3Dが近々リリースするR13のソリューションのごく一部に過ぎません。 今日の自動車部品メーカーが直面している最大の難題は、車両軽量化による燃費向上と言えますが、長繊維強化樹脂やマイクロセルラー発泡材などの新素材を使用することは、新しい可能性を開きますが、同時に設計者は安全性が損なわれない様に工夫する必要が出てきます。これは、ユニークな微細構造体や異方性を持つ新素材に関連する設計に挑戦することを阻害します。
Moldex3D自動車製造業界ソリューションは、完成された解析パッケージとして皆様に下記をご提供しています。

  • 金属から樹脂への部品交換設計コンセプト
  • 微細構造体の予測、プロセス誘起欠陥の回避策
  • 材料異方性やプロセス起因欠陥(ウェルドラインなど)を考慮した構造解析方法のご提案。
  • GMT(Glass Mat Thermoplastics), RTM (Resin Transfer Molding)などのアドバンスドな成形処理のシミュレーション技術

cae-simulation-technology-drives-opportunities-for-sustainable-automotive-manufacturing-2

材料異方性を考慮した部品の品質差

ゲート位置の決定やウェルドライン、ヒケ、反りの予測などの日々の処理であっても、Moldex3Dがご提供するAuto BLM(自動境界層メッシュ)機能をご使用いただければ、面倒な準備作業(Pre-Processing)を合理化された作業フローに転換可能です。500万要素以上必要なドアトリムをAuto BLMで作成した場合、4時間以内でメッシュ作業を終了可能です。 そして、この高品質なメッシュは、効率と精度の両方をご提供します。

自動車産業では、次世代のプラスチック材料とプロセスのためのソリューション開発を必要としています。Moldex3Dは、自動車用プラスチック部品の設計者やエンジニアが、部品の設計と検証の複雑さを解決するのに役立つシミュレーション·ソリューションをご提供しています。より多くの自動車用シミュレーション·ソリューションは、以下のサイトをご覧ください www.moldex3d.com/jp/


Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team