パーティクルトレーサーを使用してチャージ位置を最適化し、流動バランスを整える

Moldex3D R13 の圧縮成形モジュールでは、異なるチャージのプラスチック流動に異なる色を設定し、ポリマー粒子や流動挙動をシミュレーションできます。この機能をパーティクルトレーサーと呼びます。 これによりフローバランスを詳細に観察することが可能になり、流動時の流動挙動に起因する潜在的な問題を正確に予測できるようになりました

Step 1: 計算パラメータダイアログを開いて起動し、Fill/Pack の Particle Tracer にチェックを入れます。

visualize-how-each-charge-fills-in-compression-molding-1

Step 2: Fill/Pack 解析の実行後にパーティクルトレーサー解析結果を表示させることができます。結果表示を点あるいは直線で表示できます。流動解析結果から Charge ID を選択し、パーティクルトレーサー分布を表示させてください。

visualize-how-each-charge-fills-in-compression-molding-2

パーティクルトレーサーデモ

1. 下図は2つのチャージと1つの圧縮ゾーンを持つジオメトリです。

visualize-how-each-charge-fills-in-compression-molding-3

2. 流動/保圧解析結果から Charge ID を選択すると、それぞれのチャージの粒子分布が表示されます。下図のようにそれぞれのチャージから流れる粒子を色別に表示します。このように流動のバランスが悪いことがわかります。このようなときは、パーティクルトレーサー機能が提供する情報を元にチャージ位置を変更し、より良い設計にすることができます。


visualize-how-each-charge-fills-in-compression-molding-4

3. チャージ位置を変更した後に再度、パーティクルトレーサー機能を実行し、粒子分布を解析します。下図のように、最適化されたチャージ位置により、流動のバランスが改良されました。これにより圧力分布も 改良されました。
visualize-how-each-charge-fills-in-compression-molding-5


Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team