Studio

Moldex3D Studioは全く新しい総合解析プラットフォームです。直感的なリボンスタイルのインターフェースにより、ユーザーは同じプラットフォームですべてのシミュレーション作業を行うことができます。シンプルなボタン設計でモデルメッシュの生成や修正、ソルバー演算をスピーディに行うことができ、解析結果は画面上に直接表示されます。そのほかに、メッシュ形状の選択では、ユーザーのニーズに合わせてリアルタイムでeDesignとBLMを切り替えることができ、BLMメッシュについてもテトラ四面体メッシュもしくは境界層メッシュの生成を選択することができます。そのためStudioを使用することにより、製品のソリッドメッシュを効率的に生成することができ、メッシュ生成後はインターフェースを切り替えることなく、そのままF/P/C/W解析を行うことができます。ユーザーフレンドリーなインターフェースが提供する3ツリー構造で操作と管理が簡単に行えます。

  • モデルツリー:すべてのモデル部品をリストアップします。モデルを「単一部品」もしくは「グループ」ボタンで選択することができます。
  • ディフェクトツリー:エラー項目とメッシュの数を表示します。エラー項目の位置を選択するだけで簡単に修復ができます。
  • プロジェクトツリー:プロジェクト解析に関するメッシュ、材料、成形条件、シミュレーション結果などの確認が行えます。

 

結果表示のカスタマイズ

Studioの結果比較機能により、ユーザーは異なる解析グループの結果をすばやく確認することができ、比較画面では個別制御または同期制御を選択することができます。

混合ランナーシステム

混合ランナーシステムでは、ポリサーフェスランナーとビームランナーの結合によるソリッドメッシュの生成をサポートしています。このタイプのランナーの多くがポリサーフェスゲートを備えたビームランナーです。ビームランナーはヘクサやプリズムのソリッドメッシュ、ポリサーフェスランナーは境界層(Boundary Layer Mesh, BLM)メッシュを生成します。

Recommended for You

Test drive Moldex3D

Join the thousands companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team